2016年05月13日

秘密保持契約の翻訳

今日から秘密保持契約の翻訳です。
契約書は独特な言い回しで、一文が長いので、気が遠くなりそう・・・。
でも、契約書用語は調べれば情報がたくさん出てくるし、やればやるほど身に付きます。

よく使うのはこちらのサイト↓
実践!法律文書翻訳講座

よくよく考えるとお金をもらって勉強できるなんて、有り難いことです。
3ヶ月契約ですし、転勤族ですし、さらには妊活中ですし、いつまでこの仕事を続けられるか分かりませんが、続けられる限りは学べるだけのことを学びたいと思います。


posted by ハッピー☆パンダ at 22:35| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

明日からGW!

今日で仕事は終わり。
明日からGWです。
会社がお休みなので、来週いっぱいずっと休みで、次の出勤は9日(火)。
当初は6日(金)は出勤の予定でしたが、急にお休みにすることにしたらしい。
そして、それを私に伝え忘れていたので、私がそのことを知ったのは今日でした・・・。
ひどい話です・・・。
そんなに連休になるのを事前に知っていたら、海外旅行に行く予定にしたのに・・・。
もう実家に帰るつもりで予定を組んでしまっていました。

とりあえず明日まず東京に行って、友人の家に一泊して、それから実家の山口に帰ります。
大阪→東京→山口と飛行機で。夫が仕事で国内線をよく利用しているので、マイル(ポイント)がたくさん貯まっており、特典チケットで全部無料なんです。
友人と久しぶりに会うのがとても楽しみ!

実は結婚前、夫はこういったサービスについて知りませんでした。私が教えてからマイルをコツコツと貯めています。私も以前の職場の人に教えてもらいました。
我が家はJALのマイレージを貯めています。なお、ある一定の基準を超えると、「グローバルクラブ」という特別会員になる権利をもらえます。その権利を得ると、JALから自動的にレターが送られてきます。そして会員になりたい人は、JALのグローバルクラブカードに申し込みます。
このクレジット機能のついたカードを持っている限り(年会費は約1万円)、飛行機に乗る機会が少なくなっても、永久的にグローバルクラブの会員のままでいられます。
どんな特典があるかというと、まずは国内線・国際線利用時にラウンジを無料で使用できます。国内線は食事はありませんが、ビールやソフトドリンクは飲み放題、国際線はバイキング形式の食事も無料です。ネットもつながりますし、快適に待ち時間を過ごすことができます。
そして、優先搭乗。大阪とか東京とか大きな空港には、グローバルクラブ専用のカウンター&搭乗口があり、一般の搭乗口に並ばずに入ることができます。特に国際線が混んでいる時は非常に助かるサービスです。
さらに、ボーナスマイルがついたり、マイルが貯まる率も上がるので、マイルがどんどん貯まります。
仕事やプライベートで飛行機を使われる方には、便利なサービスです。
ANAにも同様のサービスがあるようです。
posted by ハッピー☆パンダ at 22:40| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

「大富豪アニキの教え」を読んで、翻訳の仕事について考えてみた

今日は会社で機械分野の翻訳をしました。
特殊な機器なので、1年経った今でも分からないことだらけですが、社長は質問するときちんと答えてくださるので、遠慮なく質問して、少しでも知識が増えるよう心がけています。
速度は相変わらず遅くて、なかなか思うように進みません。細かい調べ物をすると時間が全く足りなくなるので、家で「自習」することもしょっちゅうです。でも、これも自分の実力アップのためだと思えば、苦になりません。

以前のブログにも書きました、「機械用語辞典」も最近はかなり役に立っています。

以前のブログはこちら↓
機械用語辞典

図解機械用語辞典第4版 [ 工業教育研究会 ]
価格:5616円(税込、送料無料)




値段は安くはありませんが、買ってよかったと思います。
いつもネット検索(weblio翻訳や、英辞郎など)で用語を調べていますが、裏付けがないので、本当に合っているのか自信が持てないこともしばしばあります。そんな時、この辞書に載っていると、安心してその用語を選ぶことができます。また、専門的な機械用語が分かりやすい説明付き(挿絵があることも)で載っているので、機械の基礎知識を得るのにもとても役にたっています。

ところで、私のお気に入りの本「大富豪アニキの教え」についても書いておきたいと思います。堤真一、尾野真千子主演の映画「神様はバリにいる」のモデルになっている、兄貴こと、丸尾孝俊さんの本です。

大富豪アニキの教え [ 兄貴 ]
価格:1728円(税込、送料無料)



この本は、一般的なビジネス書とはちょっと切り口が違っていておもしろく、何度か繰り返して読んでいます。義理・人情の世界を大切にしている、という感じが何となく気に入っています。

この本の中の仕事についての教えの中で、「仕事に思い入れている時間を、長くする。」というのがあります。その仕事を本気になって、人一倍やって、その仕事に思い入れている時間を長くすることができれば、どんどん仕事ができるようになって、お給料も上がっていく、ということなんです。最近の「ワーク・ライフ・バランス」とは逆行する考え方ですが、やはり時間を割けば割くほど仕事力は上がっていくというのも一つの揺るぎのない事実だと私も思います。

今私は派遣社員として働いていますが、いい意味でも悪い意味でとても気楽にやっています。時間が来ればさっと帰宅できるし、社内のしがらみもありません。責任がないから、適当に仕事をすることもできるし、例えば私の場合でしたら、社内で翻訳を時間いっぱいやって、それで終わり!でもいいんです。でもそれでは自分の成長にはつながらない、と感じ始めています。もちろん、すでに翻訳の実力が備わった人でしたら、そんなに努力をする必要はないかもしれません。ただ、私の場合は圧倒的に力不足ですので、それではだめだと思います。今は私にとっては努力の時期なんだと思います。

誰もが楽しい仕事をして、楽にたくさん稼ぐことを望んでいると思います。でも、そういった成功を手にするには、地道な努力の繰り返しが必要なんだと思います。それが私には欠けているな、と。
ですから、「会社でやっている翻訳を家でもっと突き詰めて考えてみる。」というのは、私にとっては「仕事に思い入れている時間を、長くする。」に相当し、きっとこの時間が自分の成長につながるのではないかと思います。

また、この本の中で、天職についても語っていて、「「天職」とは、仕事を選んだ時点では分からないもの。5年とか10年とか、本気で仕事を続けてみて、ようやく分かるもの。」「継続しなければ、天職は探せない。」という言葉がありました。これは飽き性の私には身に染みる言葉でした。

今はとにかく努力して、5年とか10年先に結果を出すことを目標に、日々頑張りたいと思います。
posted by ハッピー☆パンダ at 20:43| Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。