2017年06月16日

【ワイン忘備録】ニュイ サン ジョルジュ レ バ ド コンブ 2014

先週末の夫のボーナス日に奮発して買った赤ワイン。
新宿伊勢丹で購入しました!
新宿伊勢丹のワインコーナーはとっても充実していました。スタッフの接客もとても良かったです。

先日レストランで飲んだブルゴーニュの赤ワインがとても美味しかったので、今回はブルゴーニュで。
その時に飲んだワインのイメージや銘柄を伝えたところ、こちらをお勧めされました。

wine_2017.6.16.jpg

【ワイン名】NUITS SAINT GEORGES LES BAS DE COMBE 2014
【生産地】フランス/ブルゴーニュ地方/コード・ド・ニュイ地区
【生産者】ドメーヌ・アルノー・ショパン
【タイプ】赤
【葡萄品種】ピノ・ノワール
【値段】7,938円

コード・ド・ニュイ地区は、ロマネ・コンティ、シャンベルタン、ミュジニー、クロ・ド・ヴァージョなど、ブルゴーニュの中でも、最も偉大なワインを生み出す地区だそうです。

「良く熟した赤い果実の香りにスパイスのアクセント。果実をそのまま頬張っているようなフレッシュで香り高い味わい。」と、ワインカードに書かれています。(きちんと商品の横にワインを紹介するカードが置かれていました。)

確かに果実の香りはすごくしました。
でも感動はなかったかな〜。ただ、お店の人曰く、レストランで1杯1800円で飲んだワインは、実際はボトルで4,000円程度のものだそうです。それでもあちらの方が美味しく感じたのは、雰囲気もあったのかな〜?と夫と話しました。
正直、赤ワインは最近飲み始めたので、二人ともまだ味はよく分かりません。
でも、もちろんいつも飲んでいる1,000円台のワインとは、味も香りも違いましたが!

はっきりと味の違いが分かる人は、本当にすごいと思います。
私はなんかもやもや〜とした感じですね。
味覚が繊細じゃないのかも・・・。



posted by ハッピー☆パンダ at 22:52| Comment(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。