2016年04月25日

君はどこにでも行ける 堀江貴文

最近めっきり在宅での翻訳の仕事がこなくなりました。
一時は毎週のようにきていたのですが・・・。
相変わらず週3での翻訳業務は続けているので、(在宅の翻訳に充てていた時間を使って)今はこちらの分野の勉強に力を入れています。
なぜ仕事が来ないのだろう?特にクレームは来ていないが、品質に問題があったのか?会社自体の受注が減ったのか?新しくもっと優秀な翻訳者が登録したのか?などなど、色々な理由が考えられますが、問い合わせるわけにもいかないし、真相は謎のままです。
新規開拓も続けていますが、トライアルには受かっても、受注までは至らなかったり。
順調にスタートしていたのですが、ここにきてスランプに陥っています。

まあ、仕方ないので、仕事をしていない火・木と週末は、読書したり、会社でやった翻訳作業に関してもっと詳しく調べてみたり、クラウド翻訳サービスの案件をやってみたりして過ごしています。

さて、通勤の時間を使って新しい本を読みました。
「ホリエモン」こと、堀江貴文さんの新著です。
本屋で見て、タイトルがどうしても気になって、中をちらっと見たら面白そうだったので、購入しました。

君はどこにでも行ける [ 堀江貴文 ]
価格:1404円(税込、送料無料)




アンチの多いホリエモンですが、私は結構好きだったりします。
人間性(というか、言い方)には問題のある部分もあるのかもしれないですが、収監中もブログを発信してお金を稼いでいるという話を聞いて、この人の稼ぐ力は本当にすごいなあ、と感心してしまいました。何があっても、何らかのビジネスをして、生活していくんだろうな、この人は、と。ある意味、とても生命力の強い人だと思い、その点で尊敬しています。
そしてこの本もかなり良かったです。
目次は以下の通りです。

はじめに 世界は変わる、日本も変わる、君はどうする
1章 日本はいまどれくらい「安く」なってしまったのか
2章 堀江貴文が気づいた世界地図の変化〈アジア 編〉
3章 堀江貴文が気づいた世界地図の変化〈欧米その他 編〉
4章 それでも東京は世界最高レベルの都市である
5章 国境は君の中にある
特別章 ヤマザキマリ×堀江貴文
[対談]ブラック労働で辛い日本人も、無職でお気楽なイタリア人も、みんなどこにでも行ける件

第1章は、衰退している日本の現状についてです。耳の痛い話も多く、なんだか寂しい気持ちになりましたが、これが現実なんだと改めて実感しました。確かにそこまで危機感を感じてなかったなあ、と改めて思いました。そして、ただただ衰退を嘆くのではなく、ホリエモンならどのように日本を盛り上げていくか、という具体的なアイディアもたくさん書いてあったのが良かったです。本当に色々なアイディアを持った人なんだな、と感心しました。
そして第2章からは、世界中の国を旅行して、肌で感じたその国の様子、食や文化、ビジネス視察の感想、そしてこれからの展望などが書かれています。

この本を読んだ感想を一言で言うと、(収監されたこと以外は)うらやましい!!!
自分の力で財をなし、その財を使って自分の夢をどんどん実現していっている・・・そんな印象を受けます。
今はロケット事業もされていて、本当に男のロマンを追った生き方です。
アンチも多いですが、それでも好きなことをやって生きているということはとてもうらやましいことですし、簡単なことではないと思います。
多分、好奇心旺盛な人なんでしょうね。この本からもワクワクとした子供のような心が感じられました。私にはとても刺激になる一冊でした。
また、これからどのような分野が日本で重要になるのか、という漠然としたイメージも与えてくれました。


posted by ハッピー☆パンダ at 18:06| Comment(0) | おすすめの本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。