2018年04月06日

小金井市の妊婦面談

水曜日に小金井市の妊婦面談に行ってきました!
保険センターなど数カ所で実施されているのですが、私は家から一番近い市役所第二庁舎に行きました。
面談は20分程度だったような気がします。(時計を見るのを忘れていました。)
妊娠の経過や現在の体調についての質問があり、あとは小金井市で受けられるサービス(+助成金)の話などがありました。
今回は品切れで後日送付でしたが、参加すると「育児用品カタログギフト」がもらえます。

私が一番気になっていたのは、保育園の空き状況でした。その点について質問したところ、3階にある「子育て支援課」に聞いてみるといいと言われたので、帰りに寄りました。そこで丁寧に教えてもらったのですが、いや〜なかなか厳しそうです。
認可保育園の場合、すべてポイント制で決まるそうで・・・
まず、産休中など、戻る職場が決まっている人が優先されるので、私のようにいったん退職して派遣での仕事を探そうと思っている人は、スタートからポイントが低い。申請時に内定が決まっていたら大丈夫・・・と言われましたが、申請は4月からの入園に対して前年の11月頃、派遣の仕事でそんな時期に内定をもらっていることはまずないですよね。でもそれを言っても先方はピンときていない様子でした。まあ、市役所の職員さんは派遣の仕組みなんて知らないんでしょうね・・・。

とにかく現状ではポイントが低いので、入園は厳しそう。そして、1歳、2歳になるとさらに厳しくなりそうです。個人的には0歳から保育園に預けたくはないのですが、とりあえずは(練習と思って!)11月に申請してみようかと思っています。(まず落ちるとは思いますが。)一旦申請しておけば、4月入園の枠で落ちてもその書類は1年間有効のようで、年度の途中で空きが出たり、状況が変わってポイントが増えた場合などに再度申請すれば、アップデートされた状況で応募できるようなんです。
提案されたのは、まず認可外の保育施設に入れて仕事を決め、そうすると(仕事が決まっている状況なので)ポイントが増えるので、再度年度途中か、次年度の4月の枠で応募、というやり方です。認可外の保育施設ですと、ポイント制ではないので、申し込み順や面談など別の要素で入れることもあるそうです。(ただ、それでも定員いっぱいで、なかなか厳しいらしいです。)
ちなみに小金井市の場合、認可保育園だと収入に応じて月2,600円〜69,800円です(3歳未満の場合)。

今回「平成30年度保育施設等入所案内」という資料をもらって説明を受けましたが、これの31年度バージョンがおそらく今年の10月頃に出るらしいので、それを入手して申し込み、ということになるらしいです。その情報は「市報」に出るそうなので、これからは市報を念入りにチェックすることが大切だな〜と思いました。
ただ、保育園の数は政府の政策もあり年々増えているそうなので、今後の状況には明るい兆しがあるようです。それは朗報ですね・・・。


posted by ハッピー☆パンダ at 08:49| Comment(0) | フリーランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。