2018年04月04日

個人型確定拠出年金iDeCo

教育&老後資金を貯める目的で、個人型確定拠出年金iDeCoの資料請求をしました。

夫はすでに「企業型」確定拠出年金に会社で加入しており、別途個人型に加入することは会社が認めていないようなので(会社が認めていれば、「個人型」の併用も可能)、今回は私の名義で始めます。

確定拠出年金は絶対に損をしない、利用すべき制度として、最近マネー雑誌等で紹介されています。もちろん確定拠出年金の口座内で購入する金融商品の価格が下がれば、資産の目減りもするのですが、通常長い時間をかけて運用すればマイナスになることはあまりなく、それよりも確定拠出年金の最大のメリットである節税効果の方が大きい=損はしない、ということみたいです。
確定拠出年金の掛け金は全額非課税になります。所得税は、所得が大きくなるほど税金の額も大きくなりますが、確定拠出型年金の掛け金は所得から差し引くことができるので、所得額がぐっと圧縮され、所得税もその分安くなるという仕組みです。また、住民税も所得額をベースに計算されるので、税額が減少します。
また、運用によって得た利益に対し、運用期間中、その全額が非課税になります(通常は20%)。

ただ、私の場合はしばらく専業主婦=税金を払わないので、節税効果は見込めないのですが、それでも教育&老後資金を確実に貯めるには最適の方法だと判断し、始めることにしました。(予定はないですが)万が一離婚した場合も、自分の老後資金になるので、専業主婦の方にもお勧めだと個人的には思います。

今回資料請求したのは、SBI証券です。ネットで調べたところ、SBI証券か楽天証券が手数料等の面で良さそうだったのと、SBI証券の口座はもともと保有しており使い慣れているので、iDeCoについてもSBI証券を利用することにしました。

なお、確定拠出年金については、ネットの情報を鵜呑みにするのは危険なので、以下の本でも勉強しました。山崎元さんの本は初心者にも読みやすいです。



山崎元さんも好きですが、私が一番最初に「資産運用」とか「分散投資」を意識するようになったのは、元マネックス証券の内藤忍さんの本を読んでからです。ただ、最近は不動産投資にシフトされているので、あまり参考にならなくなってきていますが・・・。



資料が届いたら、早速iDeCoに申し込もうと思っています。
高齢出産ということで、教育費のピークと老後資金の貯め時が同時に到来します。
せめて資金面で子供に迷惑がかからないように備えたいと思います。



posted by ハッピー☆パンダ at 08:08| Comment(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。